不動産業界の営業職の面接の注意点

何を伝えれば良いのか

なぜこの業界を目指したのか

動機を面接で言わなければいけない

何となく、不動産業界を選択する人はいないと思います。
なぜこの業界を選択したのか、わかりやすくエピソードを交えながら伝えてくささい。
前職で接客業をしていた人は、その時に得たスキルを活かせると思います。
それを伝えれば、無事に採用されるでしょう。
さらに自分の接客スキルを、向上させるためというのも立派な理由になります。

面接で、嘘を言うのは控えてください。
その場しのぎの嘘を言っても、面接官に気づかれてしまいます。
嘘をつくような人とは、一緒に仕事を進めることはできません。
信頼性も低下するので、採用してもらえないでしょう。
正直に志望動機を伝えれば良いので、あまり難しく考えないでください。
自分の気持ちを、素直に伝えましょう。

緊張しやすい人の対策

緊張していると、上手く受け答えすることができなくなってしまいます。
自分で緊張しやすいとわかっている人は、対策を考えてください。
最も良い方法は、練習だと思います。
練習して、面接に慣れておきましょう。
1人でも練習はできますが、誰かん面積官役を頼むのが良い方法です。
不動産業界の面接を受ける時に、聞かれやすい質問を実際に出してもらいましょう。

何度㎡練習していれば、実際の面接でも緊張しないので、伝えたいことをすべて伝えることができると思います。
練習のしすぎということはありません。
不安なら、大丈夫だと思えるまで練習してください。
練習風景を、ビデオに撮って見直すのもおすすめです。
すると、改善点がわかります。


▲先頭へ戻る