不動産業界の営業職の面接の注意点

何を伝えれば良いのか

不動産に関して勉強しよう

即戦力になる人材を目指そう

採用されれば、仕事内容を教えてくれると思います。
ですが事前に勉強していれば、すぐに言われたことを理解して仕事を進めることができます。
不動産会社では、できればそのような人材を求めている傾向が見られます。
そのためには、前もって不動産業界の勉強をしておいてください。
勉強したことを、面接でたくさんアピールしましょう。

たくさん応募した人がいた場合は、即戦力になる人を優先します。
何も勉強していなくて、これから勉強するっつもりの人は、その時点で不採用になります。
不動産業界の営業職ではどのような仕事をするのか、どんなスキルを持っていれば良いのかなどを勉強してください。
すると、仕事を任されてもトラブルが起こることはないでしょう。

やる気を見せつけよう

やる気がある人材は、積極的に採用してくれると思います。
これからも勉強するつもりだということを、面接で伝えましょう。
目標を伝えるのも良いですね。
こんな風になって、お客さんに不動産を紹介できるようになりたいと伝えると、自分のやる気をわかってもらえると思います。
やる気のない人間は、どこの会社でも採用してもらえません。

また実現するのが簡単な目標では、意識が低いと思われます。
しかし高すぎる目標を提示してもいけないので、頑張れば達成できる目標を考えてください。
目標を達成するために今頑張っていることや、これから頑張りたいこと、仕事をしながら学びたいことを伝えてください。
するとわかりやすいので、採用される確率が上がります。


▲先頭へ戻る