不動産業界の営業職の面接の注意点

何を伝えれば良いのか

好印象に見せるコツを調べよう

人と接することが好きな人

お客さんから、希望の不動産の条件を聞き出して、紹介することが営業職の主な仕事です。
うまくお客さんから情報を聞き出さないとピッタリの不動産を紹介することはできません。
ですから不動産の営業職では、コミュニケーション能力が重要だと言われています。
これから営業職で働きたいと思っている人は、面接でコミュニケーション能力が高いことをアピールしてください。

人と話すことが苦手な人は、営業職に向きません。
面接官がそう感じたら、不採用になります。
ハキハキと、受け答えすることも大事です。
コミュニケーション能力が高いと言っているのに、声が小さいと嘘だと思われます。
元気に答えることを、心がけてください。
あいさつも、大事なポイントです。

具体的なエピソードを盛り込もう

うまく面接をクリアするためには、具体的に伝えることが重要です。
これまでに人と関わって、どのようなエピソードがあったのか伝えてください。
口でコミュニケーション能力が高いと伝えても、面接官に伝わなければ意味がありません。
具体的なエピソードを思い出してください。
前職で仕事をしていた時、仲間と協力して大きなプロジェクトを成功させたというエピソードでも良いでしょう。

またお客さんと関わっていて、このような出来事が嬉しく感じたというものでも構いません。
過去のエピソードを交えて、自分のコミュニケーション能力の高さをアピールしてください。
具体例があれば、面接官も納得してくれると思います。
1つのエピソードでも良いので、具体例を挙げましょう。


▲先頭へ戻る