不動産業界の営業職の面接の注意点

何を伝えれば良いのか

好印象に見せるコツを調べよう

不動産業界の営業職は、毎日たくさんの人と関わります。 人と関わることが好きなら、楽しく仕事を進められます。 面接では、そのことをアピールしてください。 コミュニケーション能力が高い人材を、募集している会社が多いです。 関わることが得意だと伝えれば、採用してくれるでしょ。

不動産に関して勉強しよう

これから不動産業界の営業職で働きたいと思っている人は、勉強しなければいけないことがたくさんあります。 何もわからない状態で、面接を受けることは控えてください。 即戦力になる人材を、会社では募集しています。 すでに勉強していることをアピールすれば採用してくれるでしょう。

なぜこの業界を目指したのか

誰でも、不動産業界を目指した理由があると思います。 面接では、志望動機もしっかり述べてください。 何となく、不動産を選択したというのは絶対にいけません。 やる気がない人間だと、思われてしまいます。 前職で得たスキルを、活かせると思ったなどの理由が良いですね。

人と関わる仕事だと理解しよう

面接で、良くない印象を見せると不採用になります。
不動産業界の営業職で働きたい場合は、コミュニケーション能力をアピールしてください。
営業職は、たくさんの人と関わります。
人と話すことが好きだったり、得意だったりする人はアピールポイントになります。
コミュニケーション能力が高いので、お客さんの希望している不動産をうまく紹介できると伝えてください。
前職と関連付けて、スキルアップしたいと前向きな意見を述べるのもおすすめです。

またたくさん不動産に関して、勉強したことをアピールしましょう。
不動産をお客さんに紹介する仕事なので、不動産に関する知識を持っていなければ困ります。
どんな知識を持っているのか、面接の時に伝えてください。
さらにこれからも、勉強を続けるつもりだとアピールしましょう。
採用されて、勉強を終わらせてはいけません。
もっと今以上に知識を養うことで、お客さんに良い不動産を紹介できます。

不動産業界を選んだ、理由も述べてください。
何となくという理由では、採用してもらえないでしょう。
どんな理由があるのか、具体的に伝えてください。
スムーズに耐えられるよう、前もって面接の練習をしておくことは大事です。
面接では、向こうから質問されることもあります。
スラスラと答えることができないと、不信感を与えてしまいます。
緊張しやすい人は、たくさん練習してください。
言いたいことがあっても、緊張していればうまく伝えることはできません。

▲先頭へ戻る